MacBookとMacBook Proの比較。MacBook12インチとMacBook Pro13インチ、どちらがいいか。軽さか性能かで、選ぶことになるのでは
シンカツブログ
検索

MacBookとMacBook Proの比較。MacBook12インチとMacBook Pro13インチ、どちらがいいか。軽さか性能かで、選ぶことになるのでは

シェアする

Macを使っているのですが、Macでどれを使うか迷うというのはあるかと思います。

デスクトップのiMacかノートパソコンのMacBookシリーズかは、そこまで迷わないかもしれません。持ち運ばないで自宅や職場などだけで使うのか、持ち運ぶのかで決めると良いですよね。家だけで使うならiMac、持ち運ぶならMacBookシリーズということになると思います。

そして、持ち運ぶとして、そこで迷うのが、MacBookかMacBook Proかではないでしょうか。MacBook Airもありますが、今後のことも考えると、MacBookかMacBook Proになるだろうと思います。(価格が安いので、MacBook Airもありだと思いますが。)

ということで、MacBookとMacBook Proの比較を書いてみます。わたしが思うところを書いておきます。
MacBook Pro MacBook

とくに、MacBook12インチとMacBook Pro13インチのTouch Barモデルの違いを中心に書きます。MacBook Pro13インチと15インチはまた別の記事で書くかもしれません。

ちなみに、わたしは、MacBookとMacBook Proの15インチのTouch Barモデルを使っています。

わたしが思うMacの良いところは、以下の記事にまとめました。

Macの良いところまとめ15個。Macは快適に使える。いまいちなところも

MacBook

目次

MacBookとMacBook Pro、比較。MacBook 12インチとMacBook Pro13インチ、どちらがいいか。軽さか性能かで、選ぶことになるのでは

Macを比較
こちらで、比較すると、MacBookとMacBook Proのスペックなどの違いがわかりますね。

2つしか比較できませんが、気になるMacを2つに絞って比較すると、どちらにするか迷っているときに良いですね。

それを以下の表のようにまとめてみました。

MacBookとMacBook Pro 13インチの主なスペック、仕様の比較表

そして、MacBook 12インチとMacBook Proの13インチ・Touch Bar付きの主なスペックを表にすると以下のようになります。

比較すると、ほとんど全部違いますね。バッテリー時間が、同じということになっています。

他は、違いますね。ディスプレイはもちろんですが、CPUやメモリ、重さも違っています。

 MacBookMacBook Pro 13インチ Touch Bar
ディスプレイ12インチ(対角)LEDバックライトRetinaディスプレイ13.3インチ(対角)LEDバックライトRetinaディスプレイ
2,304 x 1,440ピクセル2,560 x 1,600ピクセル
CPU1.1GHzデュアルコアIntel Core m3、1.2GHzデュアルコアIntel Core m5、1.3GHzデュアルコアIntel Core m7プロセッサ
Turbo Boost使用時最大3.1GHz
2.9GHzまたは3.1GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ、または3.3GHzデュアルコアIntel Core i7プロセッサ
Turbo Boost使用時最大3.6GHz
厚さ薄さ0.35〜1.31 cm薄さ1.49 cm
重さ0.92 kg1.37 kg
メモリ8GB8GB/16GB
SSD最大512GBのSSD最大1TBのSSD
グラフィックスIntel HD Graphics 515Intel Iris Graphics 550
バッテリー最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
そのほかの特徴USB-CポートThunderbolt 3(USB-C)ポート x 4
FaceTimeカメラFaceTime HDカメラ
価格128,800円(税別)から178,800円(税別)から

このスペック表で比較して、違いがわかって、どちらを購入するか決められると良いのですが、スペック表からだけだとわかりにくいかもしれません。

ということで、以下でもう少し説明しておきます。

ちなみに、Touch Barが付いていない、MacBook Pro13インチモデルも、148,800円(税別)からあります。Touch Barがいらない人は、こちらもありでしょう。

Macを比較

薄くて軽いMacBook12インチ、画面にゆとりがあるMacBook Pro13インチ。高性能の15インチ

薄くて軽いMacBook12インチ。持ち運びが楽

MacBookの12インチは、薄くて軽いです。920グラムということで、1キロをきっています。最軽量のMacですね。

軽いので、とても持ち運びが楽です。

MacBook Airの11インチの、1.08キロということで、それなりに軽かったですが、それよりも軽いですね。

そして、MacBookは、薄いです。厚いところでも、1.31cmととても薄く感じますね。

このため、カバンに入れて持ち運んでも、楽です。毎日のように持ち運ぶなら、MacBookの軽さは良いと思います。MacBookを選ぶ、メリットは、薄くて軽いので、持ち運びやすいということですね。

画面にゆとりがあるMacBook Pro13インチ

一方で、MacBook Pro13インチは、ちょっと重いですね。1.37キログラムということで、それでも、前のMacBook Pro13インチより軽いですが、MacBookに比べると300グラムほど重いです。
300グラムなので、そこまで大差ないといえば大差ないのですが、荷物が多くなると、これが違いになってくるというのはありますね。

というのもあるのですが、画面の縦に余裕を感じられるのが、MacBook Pro13インチですね。12インチでも十分といえば十分なのですが、微妙に縦に「長い」というか解像度が高いのが13インチですね。

ちょっとした違いですが、画面が大きくて解像度が高いと、作業がしやすいですよね。

MacBook Proの13インチのメリットは、画面にゆとりがあるというところです。そして、以下の15インチとMacBookの中間という感じで、MacBook Proの13インチは、オールラウンダーな1台と言えるでしょうね。

高性能のMacBook Pro15インチ

さらに、MacBook Proの15インチだと、CPUがクアッドコアの Core i7になるので、性能がアップします。グラフィックボードも違うので、性能がよくなりますね。デスクトップ並みの性能になります。

そして、画面が15インチ大きくなるので、さらに作業しやすくなりますね。

13インチで、2,560 x 1,600ピクセル

15インチで、2,880 x 1,800ピクセル

と、横が320ピクセル、縦が200ピクセル大きいです。そこまで大きくないように感じるかもしれませんが、横幅が広いと、ちょっとしたものをデスクトップに置いても、そこにすぐアクセスできたり、縦が長いと表示される文字数などが多くなったりします。情報量が多くなって、作業もしやすくなりますね。

ただ、MacBook Proの15インチは、さらに重くなります。1.83キログラムということで、MacBookに比べると800グラムほど、MacBook Proの13インチに比べると500グラムほど重くなりますね。ここまで重くなると、もう別のもののような感じですね。まあ、以前のモデルは、2キログラムほどだったので、それよりは軽いのですが。

MacBook Pro MacBook

MacBookになくて、MacBook Proにあるもの・Touch BarとTouch ID

まず、MacBookになくて、MacBook Proにあるものとして、新しくMacBook Proには、Touch BarとTouch IDが搭載されましたね。

例えば、写真アプリだと以下のようなTouchBarが表示されます。

写真のTouch Bar

写真を選ぶなどで便利ですね。

右はじには、Siriを呼ぶ出すボタンもあります。

他に、対応しているアプリであれば、こういったTouch Barの機能が使えます。また対応していなくても以下で説明するように、BetterTouchToolを使うと、ショートカットボタンを設定できますね。

このTouch Barが、MacBookにはありません。これは、MacBookとMacBook Proの大きな違いの一つですね。Touch BarとTouch IDを使いたいなら、MacBook Proを選ぶということになります。

Touch Barがあったほうがいい。高いけれど

わたしは、MacBookの12インチを外出先などで使っています。

そして、自宅では、MacBook Proの15インチのTouch Bar付きを使っています。

それで思うのは、MacBookを使っている時に、TouchBarがあったら便利だなということです。なので、MacBook Proを購入するなら、高くなりますが、TouchBarがあるほうがいいですね。

以前は、そこまで、Touch Barは使わないかなと思っていたのですが、BetterTouchToolで、ショートカットキーをアプリごとにTouchBarに設定できるようになって、結構使います。

Touch Bar

これは、ChromeのBetterTouchToolでのTouch Barです。こんなふうにショートカットキーを設定できます。戻る・進むや、Pocketのボタンなども設定できますね。

これが結構楽です。

13インチの場合、Touch Barなしのほうが3万円ぐらい安いのですが、お金に余裕があるなら、Touch Barありがいいですね。

Touch IDもログインなどに便利

また、MacBook ProのTouch IDも便利ですね。Macをスリープさせた後にログインするのが指一本でできますし、iTunesのアプリの購入なども、Touch IDで承認ができます。

Touch ID

楽ですね。iPhoneのTouch IDと同じような感じです。指紋でログインということですね。

iPhoneの技術を、Macに持ってきているので、便利です。パスワードを入力しないで、MacBook Proにログインできます。

Siriもある

また、macOSには、Siriもあります。iPhoneでSiriが使えていましたが、MacでもSiriが使えるようになりました。そして、ボタンで呼び出すこともできるようになっています。Touch Barから呼び出せますし、メニューバーからも、Siriを使えます。

MacでもSiriが使えるようになっています。そして、Macでは、「Hey,Siri」と言わないでも呼び出せますね。これは、MacBookでも使えますが、TouchBarから使うなら、MacBook Proですね。

MacBookのキーボードには慣れが必要かも

ちなみに、MacBookのキーボードには、慣れが必要かもしれません。

Macbookのキーボード

ストロークが浅い、キーの深さがあまりありません。キーを打っている感覚があまりないというか、力をそこまで入れなくても反応しますね。

慣れると、そこまで苦には感じないかもしれませんが、慣れるまでは、違和感を感じながら使用するということになるかもしれません。

2017年のMacBookは、キーボードが変わって、こういうことはなくなりましたね。

MacBook Proのキーボードは、そこまでではない

MacBook Proのキーボードは、第二世代のバタフライ構造のキーボードということで、MacBookほどストロークが浅いという感じはありません。

第2世代キーボード

MacBookのキーボードより打ちやすいですね。これぐらいが、わたしには良い感じだなと感じています。わたしは基本的にはキーが軽いものが好きなので、いいです。指にあまり負荷を感じないので、いいですね。たくさん文章を書く人などには、負荷が少なくなって良いのではないでしょうか。

MacBookにもたつきはそこまで感じない

MacBookは軽いのですが、CPUがそこまで高性能ではないですね。Core mというプロセッサーなので、高負荷の処理にはあまり向いていないでしょう。

このため、以前のMacBookの12インチは、もたつきを感じることもありました。しかし、今の代のMacBookでもたつきを感じることは、そこまでないでしょう。

1番下のスペックでも、そこまで問題はないですね。気になる人は、上のCPUを選ぶと良いと思います。

よほど負荷のかかることをしない限りは、遅いと感じることはないだろうと思います。

そういう意味では、Officeアプリなどを使うぐらいなら、性能差はあまり感じないでしょう。少なくとも、わたしは、そこまで不満には感じたことはないですね。まあ、ときどき若干遅くなったりもしますが。

MacBook Pro MacBook

iPadはノートパソコンの代わりにはならない

ちなみに、MacBookとiPadも、比較の対象にもなるかもしれません。

ただ、わたしもiPad Proを使っていますが、やはりキーボードがいまいちで、漢字変換がやりにくいので、ノートパソコンの代わりにするのは厳しいと感じています。
iPad Pro

iPad Pro

iPadで、パソコン代わりにできるなら、いいと思いますが、わたしには厳しいですね。

Apple Pnecilが便利なので、文字を書いたり、操作するにはいいです。ただ、それは、やはりウェブを見るというときに便利という感じだったり、電子書籍を見る際に、iPadは便利です。

文章を大量に書きたいというときには、厳しいかなと思います。

USB-Cポートが一つは、ちょっと不便

MacBookは、USB-Cポートが一つしかありません。充電しているときは、他の機器をつなげられません。

一方で、MacBook Proは、TouchBarつきモデルは、4つのポートがありますね。これだけあれば余裕です。

そういう意味では、MacBookは、ポートが足りないですね。このあたりは割り切りが必要なところではありますね。まあ、USB-Cのハブを買えば良いのですが、意外とこういうのを持ち歩くのが邪魔だったりします。

ポートが多いのが良いということだと、MacBook Proになりますね。

MacBook Pro MacBook

USB-Cアダプタを持っておくと安心

また、MacBook、MacBook Pro、どちらにしても、USB3.0などを使いたいなら、USB-CとUSB3.0のアダプタを一つ持っておくと安心ですね。

ケーブルでも良いのですが、ケーブルは高かったりしますから、とりあえず現段階では、アダプタを持っていればいいのではないでしょうか。

アダプタの重さ

また、それぞれ、アダプタの重さが違っています。おおよそですが、以下のようになっています。

MacBook 12インチに付属の、29Wアダプタは、109g
MacBook Proに13インチに付属の、61Wアダプタは、192g
MacBook Proに15インチに付属の、87Wアダプタは、296g

12インチと15インチだと、3倍くらい違いますね。

このあたりも、持ち運びの際には影響します。ほんと、MacBookの12インチは軽いですね。アダプタを入れても、1.1キログラムぐらいですから。

MacBook Pro、15インチになると、アダプタを入れたら、2kgを超えてきます。倍の重さになってしまいますね。

MacBook Proの13インチは、1.6キログラム弱でしょうか。MacBook 12インチと15インチの中間ぐらいというのか、その間の重さになりますね。

MacBookのバッテリーは、かなりもつ

そして、MacBookのバッテリーは、かなり持ちますね。

2016年のMacBookでは、「最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧」ということになっています。MacBook Proの13インチも同等です。

MacBookは、画面の輝度と使い方次第というのはもちろんあるのですが、ネットをしているぐらいなら、1日は余裕でもつのではないでしょうか。

これは、ノートパソコンとしてはありがたいですね。バッテリーが切れると、当然使えなくなってしまうので。

このあたりは、MacBookのバッテリーの持ちの良さは、うれしいところです。

MacBook

MacBookだと、iPhone用のモバイルバッテリーでも充電可能なものがある

ちなみに、MacBookだと、iPhone用のモバイルバッテリーでも充電可能なものがあります。

MacBook Proだと、iPhone用だとむずかしいようですね。MacBook Proも充電できるものもあるようではありますが。

いずれにしても、MacBookだと、iPhone用のモバイルバッテリーでも充電可能なものがあるということで、バッテリーが切れたときでも安心でしょう。

MacBookは、ファンレス

MacBookは、コンピューターを冷却するためのファンがありません。ファンレスです。

このため、音が静かというか、無音と言っていいのだろうと思います。静かです。

負荷をかけると、温かくなりますが。

静かさを求めるなら、MacBookということになるかもしれません。ファンの音が気になる方には、MacBookは良いでしょう。

MacBook Proも、静かになった

とはいえ、MacBook Proも、設計が変わって、温度を下げやすくなったようです。

このため、以前のモデルよりも、かなり静かになったというか、ファンが回る頻度が減っていると思います。

負荷をかけたりすると、まあ、ファンが回って、ファンの音はしますが。それでも、以前のモデルよりも、静かにはなっていますね。

MacBook Proのトラックパッドは大きい

第2世代キーボード

MacBook Proのトラックパッドは、大きくなっていますね。とくに15インチのMacBook Proのトラックパッドは大きいです。

個人的に、Macの良いところは、トラックパッドにあると思っています。これが大きくなって使いやすくなっていますね。

Macを感覚的に操作ができるのが、トラックパッドの良いところでしょう。そして、指にもマウスやトラックボールよりは負荷がありません。使ってみたら、離れられなくなる。そんなところが、トラックパッドにはありますね。

MacBookは、そこまで大きくはないですね。大きいトラックパッドが良い方は、MacBook Proを選択するというのもありですね。

MacBook Pro MacBook

AirPodsがあると、便利

また、MacBookなどの比較とあまり関係ないですが、AirPodsというAppleのBluetoothイヤホンがあると、Macの音をイヤホンで聞くときに便利です。

AirPods

また、このAirPodsをダブルタップ、2回タップすると、Siriを呼び出すこともできますね。

AirPodsのいいところは、MacやiPhone、iPadな複数の端末とペアリングできるところです。他のBluetoothイヤホンだと、マルチペアリングができても、そこまで多くはありません。Macともペアリングができますし、iPhone、iPadとも、そしてAndroidとも複数の端末でペアリングができる。(利用できるのは1度に1台ですが。)iPhoneとMacを使っている人なら、この便利さは利用したら、感じられますね。

Windowsノートパソコンとの比較は?

また、Windowsノートパソコンとの比較も、少し書いておきます。Windowsにするか、Macにするかで迷う人もいるかもしれませんので。

Windowsノートパソコンと比較すると、Macは価格が高いけれど

Windowsノートパソコンと比較すると、MacBook、MacBook Proは、価格が高めですね。

同じような性能だと、Windowsノートパソコンのほうが安いと思います。そういう意味では、安いパソコンを買いたいということだと、Windowsのほうが良いでしょう。

ただ、使いやすさ、快適さということだと、Macのほうがあるのではないでしょうか。

最近のWindowsパソコンも、だいぶ良い感じになっていますが、両者を比較すると、まだMacBookのほうが使いやすいですね。

レッツノート、VAIO

もし、Windowsノートパソコンを買うら、レッツノートかVAIOでしょうか。

ただレッツノートは意外と高いですね。そう考えると、MacBookと変わらないというか、性能は良いですし、堅牢性があるので壊れにくいです。壊れにくいノートパソコンが欲しいなら、レッツノートはありだと思います。

また、VAIOには、VAIO S11という、LTE通信ができるタイプがあります。ノートパソコンで不便なのは、ネットをする際に、モバイルルーターなどが必要というところでしょう。

SIMを挿してLTE通信ができるなら、それはいいですよね。VAIOにはそういうタイプのものもあります。

こういう特徴があるノートパソコンだと、Windowsのノートパソコンもありだなと思います。

Macは、買取価格が比較的安定している

Macは高いのですが、買取価格が比較的安定しています。Windowsよりも高く買い取ってもらえるというのはありますね。

買い替えを考えるときに、Macだと、下取りに出して、お得に買い取ってもらえます。Windowsは値下がりが大きいので、買取価格がいまいちですが、Macやアップル製品は、比較的高めで、買い替えまで考えると、Macもありだろうと思いますね。

トータルで考えると、Macもあり

Windowsのアプリを使いたいということなら、Macで仮想化ソフトのParallelsなどを使って、Windowsも動かせます。

こういったトータルで考えると、Macもありだと思いますね。WindowsとMacの比較は迷うところかもしれませんが、使ってみたら、快適さを感じられるので、個人的にはMacが良いと思っています。

Macを比較

MacBook Proは、13インチがいいか、15インチがいいか。1台で済ませるなら、13インチ

また、MacBook Proは、13インチがいいか、15インチがいいかというのもあります。これは、また別の記事で書くかもしれませんが、1台で済ませたいなら、13インチが良いでしょうね。

15インチを持ち運ぶのは重いので、結構厳しいところがあると個人的には思います。

MacBookも使うということなら、15インチにしたほうがいいですね。画面が大きいほうがやはり使いやすいです。

MacBook Pro 15インチ

個人的には、MacBook Proの15インチでとても満足しています。

そして、MacBookの12インチの軽さもいいです。このぐらいの軽さのMacBook ProというかTouch Barモデルがあったら良いなと思いますね。技術的には難しいのかもしれませんが。

MacBook Pro

まとめ:軽さを求めるならMacBook、性能を求めるならMacBook Pro 13インチ・Touch Bar付き

というように、MacBookとMacBook Proの比較を、主にMacBook 12インチとMacBook Pro13インチを中心に書いてきました。

MacBook Pro MacBook

結論のようなものを書くと、軽さを求めるならMacBook、性能を求めるならMacBook Pro 13インチ・Touch Bar付きということになるでしょう。

MacBook Pro13インチのTouch Barは、CPUもそこそこ高スペックですし、1台で済ませたいなら、これが一番良い選択肢になるのではないかと思います。

ただ、もう少し軽いと持ち運びは楽でしょうね。というように、移動の機会が多い、持ち運びは軽いほうがいいという人には、MacBook 12インチがいいですね。

そして、さらに、高性能をということなら、MacBook Proの15インチということになるでしょう。デスクトップ並みの性能になりますね。

iMac 2017を購入しました。想像以上に良かったです。

iMac 2017 新型 27インチ 5Kを購入して良かった。感想レビューと良かったところなどまとめ

ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

フォローする シェアする

Facebookページ

Twitter

Facebookページに、「いいね!」を!

更新情報をお届けします!

Twitterを、フォローする!

Twitterのフォローも、ぜひ!

シェアする

ビジネスコーチ、ウェブコンサルタント。
14年ほどブログを毎日更新している。
著書に、『1つのことを長く続けられる技術』(サンマーク出版)、『仕事のムダを削る技術』(ソフトバンククリエイティブ)、『10倍ラクするスマートフォン仕事術』(技術評論社)がある。

シェアする

フォローする